読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年前の今日この日に。闘病の記録

2007年3月。ずっと続くと思っていた当たり前の毎日が一変しました。40歳になったばかりの夫に、まさかのがんの診断。あの日、何があったんだろう、何を感じていたんだろう。10年前のふたりそれぞれの日記・記録を、2017年の同じ日付の日に。「あのとき」を改めて読み返します。

ツマ子

2007年3月30日(金)外泊

 

オット君が外泊で家に戻ってからベッドを動かし、

そこに義理家族到着。

食事にでかける。

 

楽しく帰ってきたところに、母から電話。

抗がん剤の副作用でまた下痢がはじまってきたと。

ああ、現実。嫌だな。

 

病院Ⅱからの留守電に気付き、

慌てて電話すると、S先生。

今日のCTに右副腎と腸間膜にも転移の可能性があり、

明日エコーでお腹を診察し、方針を決めるとのこと。

 

ああ、どうして!

どうぞ左副腎のみでとどまっていて。

どうか生きるチャンスをください。