10年前の今日この日に。闘病の記録

2007年3月。ずっと続くと思っていた当たり前の毎日が一変しました。40歳になったばかりの夫に、まさかのがんの診断。あの日、何があったんだろう、何を感じていたんだろう。10年前のふたりそれぞれの日記・記録を、2017年の同じ日付の日に。「あのとき」を改めて読み返します。

オット君:絶望的な空気とはこういうものだろうか

2007年4月11日 結果説明

 

腺癌、PETでも陽性。大腸のがんを疑ったが、

免疫染色で、肺がんの転移と判明。

 

転移の芽がばらまかれている可能性。

根絶やしにできない。

抗がん剤

 

ここだけしか出てこないということであれば、手術の可能性もある。

 

抗がん剤2回目:この病院で、

3回目:前の病院に戻ってやる。

 

パクリタキセルの副作用、筋肉が解ける、末梢神経

総量を3回に若手、この方が副作用が少ない。

 

さてさてこのような結果であった。

 

これがお不動様のお導きであれば、仕方ない。

ツマ子は泣いた。

父母も暗い。

 

絶望的な空気とはこういうものだろうか。

 

抗がん剤について、

前の病院のO先生に電話したところ、4月17日(火)になるというので、

2回目の抗がん剤はいまの病院で受けることにした。

薬師如来様に頑張ってもらおう。

そしてそれを後押しする治療法を検討しよう。