10年前の今日この日に。闘病の記録

2007年3月。ずっと続くと思っていた当たり前の毎日が一変しました。40歳になったばかりの夫に、まさかのがんの診断。あの日、何があったんだろう、何を感じていたんだろう。10年前のふたりそれぞれの日記・記録を、2017年の同じ日付の日に。「あのとき」を改めて読み返します。

オット君:引っ越し1周年

2007年4月5日(木)

 

今日は一泊外泊許可だが、朝、まだまだしくしく痛む。

 

S先生に勧められ、血液検査とレントゲンを行い、

異常ないことを確認して朝食を摂ることになった。

 

とにかく、4回目の麻酔の時のあのブシューー。

が気になって気になって仕方がない。

 

あの時現場で言えば良かったが、それにより医師陣が

動揺したりするのがもっと怖くて言えなかった。

 

まったく生検ごときでこれでは手術が思いやられる。

異常なしがわかり、おそるおそる朝食、昼食を。

 

1時にお母ちゃんが迎えに来てくれる。

自然食品の店に寄り、家に戻る。

 

今日は引っ越し一周年だ。

我が家で迎えられた事はとてもうれしい。