10年前の今日この日に。闘病の記録

2007年3月。ずっと続くと思っていた当たり前の毎日が一変しました。40歳になったばかりの夫に、まさかのがんの診断。あの日、何があったんだろう、何を感じていたんだろう。10年前のふたりそれぞれの日記・記録を、2017年の同じ日付の日に。「あのとき」を改めて読み返します。

ツマ子

2007年4月2日(月)

 

細胞診は、大腸が手前にあるので見送られた。

PETもあるから、と。

 

その腫瘍は、転移巣でない可能性もあり、

まれに便が溜まっているのがこんな風に映るケースがあると。

ただ、便が出ている以上、ありえないんじゃないか?

すでにオット君は、前の病院に戻り、

抗がん剤2クール目をすることに頭が向いているようだ。

 

夕方、義母がタケノコご飯をもってきてくれた。

オット君おいしく完食。

 

そして風呂から出て唖然。

髪がない!

剃り込み部分がもうなんとも毛が無く、涙が出る。

毛が抜けるのはなんとも思わなかったけれど、

目の当たりにすると、体がどれほど辛いんだろうかと思ってショック。

 

大腸の影が、前の病院の1カ月前の画像より1.5倍になっていると聞いたこともあり、

効いていない抗がん剤で、こんな副作用を受けるとは。

 

眉毛もなかなかな生えてこなそう。

でも前よりそのカタチの方がいいねとしみじみ。

 

風呂上がり、応接セットで涼むオット君。

高齢に見えて、別人かと思ってしまった自分にビックリした。

 

帰り、泣けてきた。

どうしたらいいんだろう。

うちに帰っても、母がいるから心配させちゃいけないと思ったけれど、

やっぱり言ってしまった。

 

母も、手術ができないだろうときいて、ショックを受けていた。

1.5倍というあまりの早さにもショック。

夜、足もみをしながら、

「お父さんと結婚するとか、自分が選んだことだから。

そこからすべて否定すると、もともこもない。

だからよかった。幸せなときもあったし。

呪われているとしたら私だ」って。

 

でも、私が「私のほうが状況が悪いのよ。

私を看取る人はいないし、こうなっても足もみしてくれる人はいないよ」

というと、「あたしがやる!」と張り切っていた。

頼みますよ。