読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年前の今日この日に。闘病の記録

2007年3月。ずっと続くと思っていた当たり前の毎日が一変しました。40歳になったばかりの夫に、まさかのがんの診断。あの日、何があったんだろう、何を感じていたんだろう。10年前のふたりそれぞれの日記・記録を、2017年の同じ日付の日に。「あのとき」を改めて読み返します。

ツマ子

2007年3月29日

 

自転車、後輪がパンク。

タケノコの山椒の葉炒めをもって、病院に。

 

夜の回診は、H先生のみ。

先生に「薬を飲まないと38.5℃まであがります」と振ると、

「4/9手術予定」との返事。

突然のことにびっくり。しかも1カ月切っているし。

 

先生は、「抗がん剤から1カ月だしね」と。

ええ?? 3週間プラスαだよ。

 

先生も慌てるが、4/9でOK。

肺ですか?副腎ですか?両方ですか?ときくと、

「熱は副腎のせいだから、副腎が先。

あなたも思うでしょ、ぼくもそう思う」って。

おもしろすぎる。

どうぞよろしくお願いします。

 

今日はエコー。

明日はCT。

 

自宅のリビング用の寝具を用意しようと、夜、下見に行く。

すのこベッドか、ムアツか、テンピュールと想定。

10万円以上いきそう。

母にメールをすると、「早まるな、なんとかかんとか」と七五調で

わけのわからないメール。

心配しすぎか、最近、母がおかしい。