読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年前の今日この日に。闘病の記録

2007年3月。ずっと続くと思っていた当たり前の毎日が一変しました。40歳になったばかりの夫に、まさかのがんの診断。あの日、何があったんだろう、何を感じていたんだろう。10年前のふたりそれぞれの日記・記録を、2017年の同じ日付の日に。「あのとき」を改めて読み返します。

オット君

2007年3月25日(日)

 

おとといあたりから回復を実感してきた。

熱のピークもおとといから下がりはじめ、食欲もだいぶ戻ってきた。

 

今朝、やっと呼吸法を復活し、散歩もできた。

きのうの夕食前、ツマ子が一緒に歩いてくれたのが散歩の始まりだ。

 

今日はなんと同期のKちゃんが二人娘を連れてダンベルを持ってきてくれた。

とても美人の二人娘。

パパママどちらに似たのだろうか。

Mチャンと彼氏も来ていた。

 

母も食堂に上がり、7人で2テーブルに分かれた。

Kちゃんと入れ替わりにツマ子が来た。

 

ツマ子はこのところ、足裏マッサージを念入りにやってくれて

とても気持ち良い。

今日は母ちゃんの相手があまりできなくて、悪いことをした。

明日から気をつけよう。

 

夜、38度まで熱が上がった。

体調は戻っているのに、何の熱だろう?

そうそう、昨日のツマ子の手相の話し、すごかった。

それから今日の病院のロビーコンサート、これもすばらしかった

ボランティアが、ほんの少し分かったような気がする。