10年前の今日この日に。闘病の記録

2007年3月。ずっと続くと思っていた当たり前の毎日が一変しました。40歳になったばかりの夫に、まさかのがんの診断。あの日、何があったんだろう、何を感じていたんだろう。10年前のふたりそれぞれの日記・記録を、2017年の同じ日付の日に。「あのとき」を改めて読み返します。

ツマ子

2007年3月25日

 

朝、実家から電話。

車の話。偶然、ご縁を感じ、お彼岸中は嫌だから、来週に手続きすることに。 

庭には腐葉土を入れて、人参を作ったよと。

親戚からお見舞いを、「ツマ子の好きなものを買って」と預かったと。

とても浮かれたように喜んでくれている。

 

ちょっと反動が怖いが、そのくらい苦しい思いをさせてしまっていたんだね。

ごめんね。ありがとう。

 

今日は病院へは、Kちゃんがダンベルとチューブを持ってきてくれた。

軽いのがなかったみたいで、重たい。

オット君、無理っぽい。

お嬢さんがとてもかわいかったらしい。

 

つかれた…と言いつつ、今日は熱がさほど上がらず、気分がよいみたいだ。

お母ちゃんは早番で4:30起きだったから疲れた、早々に帰る。

1〜3階を散歩。

 

今日も肺と脇腹が痛いみたい。

行きは昨日ほど上がらない。

脈が少し落ち着いたんだって。

どういう意味があるんだろう。

早く手術してほしい。

 

ご飯は麺類選択で、うどんのようなソーメン。

生姜を入れたらおいしかた。

明日はネギを持って行こうか。わさび必要かな。

 

心が穏やかそうだった。

 

そうそう、お昼にコンサートがあり、聞きに行ったそうな。

最後はコンテパルティロもあったり、翼をくださいをみんなで歌ったり。

視覚障害の人とかでローマに勉強を兼ねて先日もいってきたとか。

プロの人みたい。聞きたかったな。

 

で、「いい歌詞の歌があって、泣いちゃったよ〜」というから、

翼をくださいなのかと思ったら、

「せんのか〜ぜ〜に」とかいうやつ、と。

 

なーんだ、といったら、「知っているの?」と驚いていた。

まったく!有名だよ!

 

病院Ⅱ電話、呼吸器外科、8人部屋。