読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年前の今日この日に。闘病の記録

2007年3月。ずっと続くと思っていた当たり前の毎日が一変しました。40歳になったばかりの夫に、まさかのがんの診断。あの日、何があったんだろう、何を感じていたんだろう。10年前のふたりそれぞれの日記・記録を、2017年の同じ日付の日に。「あのとき」を改めて読み返します。

オット君:大きい光!

2007年3月24日(土)

 

Max 38.3度、 食事朝90%、昼90%、夜80%

 

パン食、朝、便が出る。

 

朝、ツマ子と母ちゃんが、セカンドオピニオンに。

 

この状態なら、手術ができ、

その方が予後が良いと考えているのこと。

とても親身になってくれたらしい。

母は号泣だったらしい。

 

大きい光が差した!

 

身体も回復し、家族4人でお茶をした。

先生の言葉の録音を、父ちゃんも聞いてくれた。

よし頑張ろう。

 

ツマ子、ありがとう。

そして父ちゃん母ちゃんも、毎日ありがとう。