10年前の今日この日に。闘病の記録

2007年3月。ずっと続くと思っていた当たり前の毎日が一変しました。40歳になったばかりの夫に、まさかのがんの診断。あの日、何があったんだろう、何を感じていたんだろう。10年前のふたりそれぞれの日記・記録を、2017年の同じ日付の日に。「あのとき」を改めて読み返します。

ツマ子

2007年3月22日

 

オット君、熱下がらず。

39.5度まであがる。

LDHが上昇しているらしい。

 

主治医O先生出張中につき、O先生に聞く。

T先生の本に、副腎転移なら切除とあると見せた。

H先生はこの病院の顧問にもなっている。

 

そうしたら、ウチでは切らない。

腫瘍がデカい。

副腎もあのくらい大きく腫れていると、癒着や腸、膵臓への浸潤が考えられる。

それを取るとなると、大手術。

 

だからウチでは手術はやらない、

やるならとっくにやっている、と。

悔しい。生き抜いてやる。腫瘍よ、小さくなれ〜!

 

オット君、夕食のサラダを完食。

青じそドレッシングがほしいとのリクエスト。

ポン酢もレモンも飽きたと。

 

帰り道、母から「こんなときに車を買うんじゃなかった、ごめんね」とメール。

もうびっくり。

変なことを気にして。

とやかく言ってくる身内のわなにかかっている。

こんなときに車を買っていいの?という悪意の呪縛。

驚いたけれど、巻き込まれないで。

 

でも、そういうより、購入(+下取り)により、

書類のやりとりなどで時間がとられ、

こちらにこられないのを気にしているみたい。

 

身内、なんのつもりか、また見舞いに来た。

アイスノンをして寝ていたから、ビジネス雑誌を置いてきた、

というメールが母に入ったそうで、母が慌てて連絡をしてきた。

 

どういう神経をしているのか。

自分が脚の悪いおばあさんを介護したとき(バイト?)、

足元ばかりを見て電柱に気付かず、転んだ。

空を見ることも必要、とか。

仕事でテンションがあがるから、テンションが上がる雑誌をおいてきたとか。

 

限られた時間、好きなことをしろ、とか言っていた人か、

仕事の話か。

どんな思いで仕事の整理をしたと思っているのか。

 

隠れていたほころびが噴出する。

雑音が多い。