10年前の今日この日に。闘病の記録

2007年3月。ずっと続くと思っていた当たり前の毎日が一変しました。40歳になったばかりの夫に、まさかのがんの診断。あの日、何があったんだろう、何を感じていたんだろう。10年前のふたりそれぞれの日記・記録を、2017年の同じ日付の日に。「あのとき」を改めて読み返します。

ツマ子

2007年3月18日(日)

 

起きたら、オット君、吐き気があるみたい。

食欲もなく、でも人参ジュース、パン、ヨーグルト、リンゴを食べる。

アラジンの石油ストーブの芯を取り替えてくれた。

結構、難儀らしい。

次の取り替えも頼むよ。

 

食べたら横になる。

熱が37.6度とでてまたぐったり。

コンニャク湿布をする。

 

38.1度まで上がる。

あれしてこれしてうるさくて頭にくる。

タクシーで病院に行く。

そうはいっても、やっぱりすぐ気分は変わった。

治ってほしい。

 

病院に着いたら、また病気を自覚させられたみたい、

落ち込んだ顔になる。

無駄かもしれないけれど、気とか温灸とか一生懸命やる。

これぐらいしかできることがない。

 

看護師さんには、吐くほどではないけれど、ムカムカすると言っていた。

少し、風邪みたいな感じで節々が痛い気がすると。

 

熱の原因を調べる。

細菌感染かもしれないので培養すると採血。

 

ああ、いつかこんなこともあったと笑って話せる日がこないかな。

 

「農薬まみれの人参」とか、「よくひとりで帰せるね」とか。

 

具合の悪い人を遠くで案じるのも心配だけれど、

目の前でそうだと何もできないし、心配で気が狂いそうになる。