読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

10年前の今日この日に。闘病の記録

2007年3月。ずっと続くと思っていた当たり前の毎日が一変しました。40歳になったばかりの夫に、まさかのがんの診断。あの日、何があったんだろう、何を感じていたんだろう。10年前のふたりそれぞれの日記・記録を、2017年の同じ日付の日に。「あのとき」を改めて読み返します。

オット君:副作用、まったく動けず

2007年3月18日(日) 晴れ、強風、寒い。

 

自宅に外泊。

朝起きるも気持ち悪い。

なんとか、パンと人参ジュースとリンゴを口にする。

 

昼、コンニャク湿布をやるもぐったり。

まったく動けず寝たきり。

吐き気度目を飲み、うどんをなんとか食べた。

 

夕方、熱をはかると38.1度。

ロキソニンを飲む。

 

病院へは、ツマ子とタクシーで戻る。

戻ったら、37.9度。採血やられる。

まったく、帰宅するんじゃなかった。